薬剤師の為の転職サイトを一括比較!

薬剤師になるまでの大まかな流れ

「将来、薬剤師になりたいけどどうやったら薬剤師になれるのか分からない」
という人も中にはいるでしょう。
少し前までは薬学部の4年生大学を卒業して国家試験に合格すれば
薬剤師になれましたが、今は制度が色々変わってしまい、変更点も多いです。

薬剤師の平均給与は?

薬剤師の平均給与は一概には言えませんが、
だいたい新卒採用で手取りが20万円と言われています。
ただし、求人募集などには基本給が20万円でそこから保険や税金が引かれていくようになっています。
しかし、薬剤師手当というのがあり、この金額が高いので手取りが20万円ぐらいになります。

職種別の給料・年収

薬剤師の職種には、大きく分けて薬局とドラッグストアがあります。
年齢的な話になりますが、新卒の話だと手取りが大体20万円ぐらいになります。
そして、30歳になると手取りが30万円になり、40歳ぐらいになると30~35万円という具合になってきます。

年収という話になると、例えばボーナスが年に2回支給されて月給の1.5倍としておきます。
そうすると、20代では300万円、30代では大体450万円弱、40代では510万円ぐらいになると考えておくと良いでしょう。

ただし、これは調剤薬局についてのお話になります。
実はこれよりも給与がもらえる方法があります。それはドラッグストアで働くことです。
ドラッグストアで働くと、初任給でも25万円程度もらえるようです。

という事は、新卒でも400万円弱の年収がもらえるという計算になります。

そして、派遣で薬剤として働く場合の給与ですが、派遣会社に寄りけりです。
時給が高い職場も多く、良いところに派遣されれば、正社員よりも多く稼ぐこともできます。

ですので、派遣で働く場合は、しっかりと派遣会社に条件を提示してリサーチすると良いでしょう。

年齢別の給料・年収

薬剤師の年齢別の給料と年収に関してですが、
20代で300万円、30代で450万円弱、40代で510万円と書きましたが
これは手取りにおける割合です。

実際の総収入として見た場合、
20代では440万円、30代では523万円、40代以上になると642万円になます。

また、性別によっても多少差が出ており、男性は510万円、女性は440万円と言われています。

このデータを見る限り、20代ではかなり高給取りと言われる職業であるのは間違いなさそうです。

高い学費を払って長い間、勉強した甲斐があると言えるでしょう。

地域別の給料・年収

地域別の給料ですが、これはかなり差があります。
物価の高い地域は給与水準も高くなる傾向にあります。

ということは、都会になればなるほど、給与は高いと言えるでしょう。
ただし、その逆で地方の田舎で働いても給与が高いと言われています。

それは、地方に行けば行くほど、人材不足になるので、給与が高くなるのです。
ですので、高い給与を払ってでも薬局側は来てもらうしかないのです。

派遣の給料・年収

先ほども少し触れましたが、派遣の給料は派遣先に寄って変わります。
かなり良いところに派遣されれば、月額手取りで35~45万円とも言われています。
時給に換算すると、3000円~4000円と言われており、
一日6時間働くだけでも18000円~24000円もお給料がもらえる計算になります。

ということは、年収で考えた場合420~540万円もらえる計算になります。

こう考えると、普通に正社員で働くよりもお給料が良いのではないかと思われますが、
派遣の場合、デメリットもあります。
派遣というのはいつ切られてもおかしくない状態の事です。

病院の経営が悪化すれば一番に切られるのは派遣社員になります。
また、正社員と違ってボーナスをもらう事もありません。

したがって、後1~2年で仕事を辞めるという人であれば派遣でも十分ですが、

今後仕事をずっと続けたい人であれば、正社員になることを考えていた方が良いでしょう。

以上、薬剤師の給与や年収についてお話してきました。
働き方は人それぞれですが、年収は一般的な企業に比べるとやはり高いと言えそうです。
女性の場合、結婚や妊娠・出産しても続けられる職種なので、人気のある仕事と言えそうです。

  • どのサイトを使えばいいのか分からない時は薬剤師のための転職サイト総合人気ランキング2015あなたにピッタリの転職を実現!
  • 転職サイトの裏まで分かる転職サイト利用者さんのクチコミまとめ
  • それでも薬剤師でいたいアナタにもうやだ薬剤師のリアルガチコラム

リアルガチコラム
アクセス上位<TOP3>

PAGE TOP