薬剤師の為の転職サイトを一括比較!

プライベート重視の薬剤師が選んでいる働き方とは?

薬剤師は、比較的高収入ですが、その分忙しく、プライベートな時間の確保が難しいと思われがちです。
しかし、小さいお子さんがいたり、結婚して環境が変わったなど、色々な事情からプライベートを重視した働き方を希望する人は少なくありません。

そこで、プライベートを優先しながら、薬剤師として働く方法をご紹介します。

「薬剤師の休日はどうなっているの?」

薬剤師の勤務条件を見てみると、
勤務する場所や業種によって若干異なっているようです。
そこで、業種別に勤務時間、休日などに焦点を当ててみます。

1、調剤薬局の場合

・勤務時間
9:00~18:00または19:00までのところが多い。
中には20:00までのところもある。
併設された診療所の診療時間により、残業になる場合もある。

・休日
平日1日+日、祝で週休2日のところが多い。
土曜日は出勤もしくは午後休診のところが比較的多い。

2、病院の場合

・勤務時間
8:00または8:30~17:00または17:30までのところが多い。
朝が早い分、終業時間も早い。

・休日
平日1日+日、祝日で週休2日のところが多く、
土曜日休みのところはほとんどない。

3、企業(製薬会社など)

・勤務時間
8:30~17:00のところが多い。残業はほとんどない。
・休日
土日祝が休日のところが多い。

このことから、土日休みやプライベートな時間を重視できるのは、企業ということになります。

「企業での仕事内容は?」

製薬会社など、薬品を扱う場所では1拠点に付き1人の管理薬剤師の常駐が必須となっており、「管理薬剤師」として働くことになります。
主な仕事は薬品の管理で、薬剤師の資格さえあれば誰でもできる仕事です。

勤務先と仕事内容を見てみましょう。

1、「製薬会社の本社・支社」

薬剤の在庫管理、DI業務(医薬品情報管理業務)、医師や看護師からの問い合わせの対応業務が中心。
本社では、MRの教育担当を任されることもある。

2、「工場」

医薬品の品質管理や、分析業務などを行う。

3、「倉庫」

医薬品を保管する倉庫で薬剤の管理業務を行う。

いずれの場合もデスクワークが中心となります。

「収入はキープできるの?」

自分の時間が増える分、収入が減ってしまうのではないか?と心配になるかもしれません。
でも、企業で管理薬剤師として働くことができれば、安定した収入を得ながら
プライベートを充実させることが可能になります。

企業の管理薬剤師の年収は、大体350~600万円ぐらいに設定されているところが多く、
調剤薬局や病院の年収と比べても、それほどの大差はありません。

調剤薬局や病院は、土曜日が休めないことが多い上に1日の勤務時間も長く
プライベートな時間の確保は難しそうですが、
企業であれば土日祝休みが基本であることに加え、終業時間も早めなので、
プライベートな時間を多く持つことができます。

「企業の求人は転職サイトで見つけよう」

企業の管理薬剤師は、安定した収入を得ながらプライベートを重視して働きたい人にピッタリです。
しかし、条件が良いうえに、1施設当たり1人の採用ということで求人数も少なく
自分の力で見つけだすのは至難の業です。

そこで、頼りになるのが「転職サイト」です。

転職サイトに登録すれば、サイトの求人情報はもちろん、
非公開求人の情報も見ることができます。

また、担当者に「企業で働きたい」「年収は最低○○万円ぐらいは欲しい」などと希望条件を話しておけば、
条件に合う求人があった場合に紹介してもらうこともできます。

求人数が少なく人気もある業種の場合、自分だけでの求職活動には限界があるので、
転職サイトを有効に活用して、希望のライフスタイルを叶えましょう。

  • どのサイトを使えばいいのか分からない時は薬剤師のための転職サイト総合人気ランキング2015あなたにピッタリの転職を実現!
  • 転職サイトの裏まで分かる転職サイト利用者さんのクチコミまとめ
  • それでも薬剤師でいたいアナタにもうやだ薬剤師のリアルガチコラム

リアルガチコラム
アクセス上位<TOP3>

PAGE TOP