薬剤師の為の転職サイトを一括比較!

薬剤師転職よくある質問

(´;ω;`)<もうやだ薬剤師「転職よくある質問」

いざ転職!となると不安や疑問が出てきませんか?
転職はそう何度もするものではないので、
その都度新しい不安や疑問を解決していかなければいけません。

けれど大丈夫!
正しい情報と知識を得て行動すれば、転職に失敗することはありません。

薬剤師さんからよく出る質問を下記にまとめました。

Q,現在の職場を退職する際に気をつけることは?

A,
退職というのはどんな時でも気持ちのいいものではありませんよね。
やり方を一歩間違えると嫌な雰囲気が職場に流れてしまうことも…。
できれば惜しまれつつ、きれいに退職したいですよね?

退職する際は引き継ぎをきちんと行いましょう。
引き継ぎが問題なくできるスケジュールから、希望の退職日を伝えることです。
ただし、必要以上に引き継ぎを優先して退職日を伸ばす必要もありません。
許容できる範囲で職場と相談しながら決めましょう。

また、退職を伝える際に悪口やネガティブなことを言うのも避けましょう。
退職するわけですから大なり小なり不平不満はあるはずです。
しかし、残る人間からすれば気持ちのいいものではありません。
この職場に不満があるわけではないという印象を与えれるように、
退職の意思を伝えましょう。

Q,転職活動はいつから始めるべき?

A,
現在の職場を退職するタイミングと新しい職場に入るタイミングはなるべく合わせたいものです。
(少し気分転換の期間が欲しいという場合はおいておいて)

現在の職場を退職してから転職活動を始めるのが一番手間がかからないのですが、
新しい職場が決まるまでどの程度かかるかは分かりません。
長引くと金銭的にも厳しくなってしまいますよね。

有給休暇などをうまく使えば現在の職場に在籍しながら転職活動は充分可能です。
ですが、新しい職場への入社日を早まって決めてしまうと、
現在の職場への退職日がそれ以降になってしまい、
両方の職場に迷惑をかけてしまうという事態にもなりかねません。

オススメなのは現在の職場の退職日を決めてから、
転職活動をする際に正直に退職日を伝えることです。
面接日から退職日まであまりに期間がある場合嫌がられることもありますが、
トラブルを防ぐにはこの手順がベストでしょう。
くれぐれも早まって退職日や入社日を決めてはいけませんよ。

Q,希望はどこまで伝えればいい?

A,
希望条件は高すぎても低すぎてもいけません。
高すぎると選べる求人が減ってしまい、最悪一件も紹介されないということもありえます。

条件が低すぎると納得した転職ができませんし、長く続かずにすぐに辞めてしまうということになります。

希望条件は少し高めに伝えるのが一番でしょう。
ただし、コンサルタントには柔軟に妥協する姿勢を見せておくべきです。
高めで探しつつ、最終的に問題ないラインに収まるように希望条件を決めていきましょう。

Q,コンサルタントが強引に転職先を薦めてくるときは?

A,
都合に合わない時はきっぱりと断ってください。
「求人を紹介されなくなるんじゃ?」「対応がずさんになるかも」など心配事も出てくるとは思いますが
担当はそのコンサルタントしかいないわけではありません。

最悪、担当の変更を申し出たり、別の転職サイトを利用するという手もあります。

  • どのサイトを使えばいいのか分からない時は薬剤師のための転職サイト総合人気ランキング2015あなたにピッタリの転職を実現!
  • 転職サイトの裏まで分かる転職サイト利用者さんのクチコミまとめ
  • それでも薬剤師でいたいアナタにもうやだ薬剤師のリアルガチコラム

リアルガチコラム
アクセス上位<TOP3>

PAGE TOP