薬剤師の為の転職サイトを一括比較!

一時帰国で結膜炎に 保険証がないため支払いは高額に

お薬手帳と処方箋

国際結婚して欧州在住の女性、35歳のWebライター主婦です。

昨年夏、幼稚園児の子どもを連れて、初めて関東の実家に1か月と長期滞在の一時帰国をしました。私はすでにこちらの気候に慣れてしまっているせいか、あるいはストレスのせいか、日本へ一時帰国するような際には必ずと言っていいほど軽く体調を崩します。

今回も気を付けていたのですが、滞在開始から10日ほど経ったある朝、起きると右側の目がビックリするくらいに充血しているのがわかりました。かゆいようなゴロゴロするような違和感もあったので、すぐに眼科へ行こうと思いました。

初診で保険証もないため1時間も待たされた

実家の近所の総合病院へ行こうとすると、両親が「あそこは何時間も待たされるからやめたほうがいい」としきりに言うので、仕方なく電車で隣市の眼科専門医の所へ向かいました。この病院は新しくできた所で、数人ものお医者さんが居るためサイクルが早く、あまり待たないと評判の所でした。

ですが実際に行ってみれば待合室は人であふれており、また私は初診でしかも保険証がないため、問診票などの手間がかかりました。結局1時間ほど待ったと思います。

ようやく呼ばれて診療エリアの中へ入り、流れ作業のように眼科特有の一般検査を受けました。最終的にお医者さんに診てもらうと、「充血はまさしく結膜炎で、もう反対の目にも兆候があるから気を付けて」と言われました。2種類の点眼薬を処方されました。

高い支払いを済ませて処方箋をもらう際、受付の女性が「すぐ2軒隣が薬局です」と教えてくれましたので、まっすぐに向かいました。

やりづらそうな表情の薬剤師

確かにそこには小さな薬局があり、中に入ると眼科医の所で見た患者さん達が座って待っています。別々に開業してはいるけれど、なんだかひとつの続き機関みたいだと思いながら私も座って待ちました。

私が海外在住で保険証もお薬手帳もないのだと言うと、薬剤師さんはかなりやりにくそうな表情で薬の説明をしました。仕方がない事ですが、ここでもやはり高額の支払いをしました。

日本の治療は高くつく

医師と薬剤師の指示に忠実に従って、毎日の点眼薬を続けた所、1週間ほどで充血やごろごろした違和感はきれいになくなりました。ただこれも指示通り、症状が消えたからといってすぐに点眼薬の使用を中止することなく、その後も指定の期間いっぱいはきちんと点眼を続けました。

その後、在住国に帰ってからこちらの保険で少し払い戻しがありましたが、やはり私が日本で治療を受けるのは高くつきます。かと言って結膜炎を放置しても絶対に良くないので、今後はまめな洗眼や目薬の使用など、予防に気を使いながらの一時帰国にのぞもうと強く反省した一件でした。

  • どのサイトを使えばいいのか分からない時は薬剤師のための転職サイト総合人気ランキング2015あなたにピッタリの転職を実現!
  • 転職サイトの裏まで分かる転職サイト利用者さんのクチコミまとめ
  • それでも薬剤師でいたいアナタにもうやだ薬剤師のリアルガチコラム

リアルガチコラム
アクセス上位<TOP3>

PAGE TOP