薬剤師の為の転職サイトを一括比較!

薬剤師の就活から見えてきた仕事内容と人間関係

ドラッグストア

28歳、女性、仕事:ドラッグストア勤務、住んでいる地域:静岡県(東京都、千葉県での勤務経があります)

主な業務内容ドラッグストア店舗勤務(商品管理、接客)仕事のやりがいやりがいは勤務年数が増えるにつれて変化していきました。入社1年目では、仕事を覚えることに必死で、売場やPOPがキレイに作れた時は嬉しかった程度です。

入社してからわかったこと

入社2年目では、オープニングスタッフとして、そこに勤務するパートやアルバイトの指導や指示だけではなく、仕事をしやすいように仕組みを作ったりすることで、一緒に働くスタッフから感謝をされると嬉しかったです。また店舗でできるイベントを開催して、お客様に喜んでもらえると嬉しかったですし、自分も楽しめました。

入社3年目では、店舗で勤務をしながら新入社員の指導等を行いました。本社に行く機会が増え、店舗だけでは分からない会社の事を知ることもできました。新入社員と話すことで自分のステップアップになっていることを感じました。

入社4年目は産休~育休期間です。私は、早いスピードで色々な仕事を任された方だと思います。新しい仕事を受けるたびに、新しい発見があり、やりがいを感じました。就職活動のこと只今、新卒で入社した会社を継続勤務中(育休中)です。就職活動では、初めは合同説明会で5社程度の説明を受けました。

私は6年制になって初めての卒業生だったのでどこの会社も愛想良く説明して頂いた事を覚えています。その時から、ドラッグストアで勤務したいと思っていました。理由は、病院や調剤薬局では出会えない人と一緒に働きたいと思ったからです。病院や調剤薬局だと主に医療従事者としか働けないと思い、世間一般の人の金銭感覚や価値観のズレを知りたいと思いました。

就職活動でわかった薬剤師の人員不足

合同説明会の後日、1番自分にあっていそうな会社の説明会に参加しました。福利厚生はもちろんですが、勤務エリアも重視しました。説明会は、ホテルで行われ、ケーキと飲み物を頂きながら説明を聞き、質疑応答を行いました。交通費も全額支給されました。その後、店舗見学ツアーも行われ、その会社のドラッグストアと調剤薬局を見学しました。

実際に働いているスタッフの生の声を聞けましたが、当たり前ですが良いことしか言いません。少し突っ込んだ質問をしたら、若いスタッフじゃ答えられず、上司の人が変わって答えていました。もちろん不信感を抱きました。しかし、私はこの会社に入社して今でも働き続けています。理由は後で述べます。説明会の後、軽く面接をして頂きました。たった1日で、会社説明・店舗見学・面接の3つを済ませられました。後日面接に行くと、わずか10分くらいで内定。この時も交通費は全額支給でした。

ご存じかと思いますが、それだけ薬剤師不足している業界です。では、最終的に今の会社に決めた理由ですが、その後もいくつかの会社の説明会に行きました。どこも同じようなもので良いところしか言いません。今の会社は、不信感を抱きましたが、その会社の弱点であり、そこを期待しなければ良いと思ったのです。

自分が働く職場は不信感から自分の責任感に変えられる

もし他の会社に入ってから悪いところを知り、自分に合わなくて辞めるくらいだったら、入社する前から不信感あったけど、知っていて自分で決めたのだから続けると言う責任感で働き続けられるだろうと思ったのです。今その不信感は払拭されていませんが、実際に私は続けられています。その理由ですが、私は上司に恵まれてきたからだと思います。

やりがいで書いたように、私が仕事内容にマンネリを感じると、調度良いタイミングで新しい仕事を与えてくれます。薬剤師としてのステップアップややりがいは感じにくい仕事かもしれませんが、私はこの会社を選んでよかったと思っています。

 

 

  • どのサイトを使えばいいのか分からない時は薬剤師のための転職サイト総合人気ランキング2015あなたにピッタリの転職を実現!
  • 転職サイトの裏まで分かる転職サイト利用者さんのクチコミまとめ
  • それでも薬剤師でいたいアナタにもうやだ薬剤師のリアルガチコラム

リアルガチコラム
アクセス上位<TOP3>

PAGE TOP